fukufuku.p++blog++
プロフィール

福ママ

Author:福ママ
福助(2003.6.5生 元男の子)
日向(2005.11.10生 女の子)

2匹の平凡な日常やベランダの生き物たちの様子をつづっていきたいと思います♪



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


頑張れプクたん!
4月に入り、グングンと暖かくなって、冬眠中だったらんちゅう達も元気いっぱい泳ぎはじめました。
この冬は、去年の辛い経験(咲ちゃんと林檎ちゃんのこと)もあって、
暖かい日、らんちゅう達が欲しそうにしていれば、少しだけエサもあげていました。
そのおかげか、みんなとっても元気だったのだけど…

横浜旅行から帰った次の日、プクたんの様子がおかしい事に気付きました。
プクたんはらんちゅうとしては体系が変わっていて、
胴が短く、お腹がとても丸く…そのせいで他の子に比べると以前からずっと浮き気味でした。
それでも元気だったので気にはしながらも、普通にしていました。
プッカ~と浮いていても、私がベランダに出ると、急いで一度潜るんです。
その潜り方に元気がない。
尾びれがちょっとギザギザ??
浮いて水面に出ちゃう部分のうろこがなくなってる?
ついちょっと前までは元気だったのに…


とっても暖かい日が続いたかと思ったら、急に寒くなったり雨が降ったり・・・
そんな天候の変化が、冬眠明けの体力が落ちていたプクたんにはきつかったのでしょう。
無理に隔離治療をすると、弱ってる子にはそれ自体がストレスになって、
逆にダメになったりする。
咲ちゃんと林檎ちゃんでそのことを学びました。
でもこのままだと、力なく浮いてるプクたんを、他の子がちょっとつついたり…
無駄な体力を使うことになるよなぁ。
という考えから、今までいた睡蓮鉢の飼育水をそのままバケツに取り、
睡蓮鉢のとなりに隔離することにしました。
これだと環境の変化も少なくて済むし、ひとりでのんびり体力回復できるし、
塩水浴もできる。

隔離前に、剥がれた鱗部分や、尾びれに菌がいてはますます悪くなるので
ちょっとだけ消毒を。
隔離を始めた4/23の写真です。
金魚が苦手な方もいるかと思うので縮小表示してあります。
クリックすると大きくなります。
DSCF1056.jpg
DSCF1057.jpg
DSCF1059.jpg
写真でも背中の鱗がなくなったところなど分かりますね…

隔離・塩水浴を初めて、一日目はやっぱりストレスだったのか、体中が充血したように真っ赤になって
浮いてるだけにしても力がなく、もうダメかと思わざるを得ない感じでしたが、
二日、三日と経つうちに、充血もだいぶ引いてきて、泳ぎにも力が入るようになり、
エサも食べれるようになりました!!
まだ、もうちょっと隔離しなきゃいけなさそうだけど、お塩の濃度も少しずつ下げて、
みんなのいる睡蓮鉢に戻れるように頑張ろうね!!

でもほんと、冬眠って動物たちにとって命がけなんだろうな、って思います。
このらんちゅうたちを分けて下さったブリーダー?さんも
去年、咲ちゃん林檎ちゃんのことを報告した際に、冬眠はもともと体力のない子には厳しいので
そんなに気にしないでください、と言われてはいたけど…
そうはいっても縁あってうちに来た子には元気に長生きしてもらいたいもんね!!

プクたんも私も頑張りますっ!
近いうちに、元気ですと嬉しい報告が出来るように☆

あはっ、文章ばっかりの日記になってしまいました。
もしも最後まで読んでくださった方がいらしたら、ありがとうございますっ♪♪



この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。